芸能&エンタメニュース | ゲタニュー!

芸能&エンタメニュース | ゲタニュー!

【口永良部島】異例の火山噴火、気象庁が警戒レベル5へ引き上げる

      2016/08/28

2015年5月29日午前10時頃、鹿児島県の口永良部島で噴火がありました。

 

どのような状況になっているのか、リサーチしました。

 

 

目次

 

 

口永良部島とは

口永良部島は屋久島の西に約12キロ離れた島。

 

西武の番屋ケ峰(ばんやがみね)と、東部の新岳(しんだけ)や古岳などの二つの火山体が結合された火山島です。

 

 

突如、爆音が鳴り響く

島西側の永田地区に住んでいる方の話によると、噴火直前、口永良部島の噴煙がいつもの2、3倍に増えていることに気づいた。

おかしいと思って火口を見ていたところ、突然「ドーン」という音と共に黒煙が噴き上がり、約30分後には快晴だった空が真っ暗になるほど。

また、雷鳴のような地響きがしばらく続き、稲光のような閃光がチラついていたそうです。

 

スポンサードリンク

 

島民はシェルターへ避難

気象庁は噴火警戒レベル5段階のうち、最も高い「レベル5」(居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生、あるいは切迫している状態)に引き上げました。

レベル5への引き上げは過去に例がなく、最大級の警戒となっています。

 

島から東に十数キロ離れている地元の屋久島町は住民を全島避難を指示。

島民は島の西側にある番屋峰のシェルターに避難。警察や屋久島町役場によると、70代男性が火傷を負ったものの、島民全員の生存が確認されています。

 

 

噴火による影響は相当な被害

 

爆発的噴火に伴い、気象庁は降灰予報を発表。

このまま噴火が続いた場合、同日午後4時までに予想される降灰量は、屋久島町で1ミリ以にのぼるそうです。

 

 

まだ再度噴火する可能性もあるため、全員の無事を祈っています。

 - 国内