【SMAP】世界に一つだけの花がレコチョクランキング1位再浮上!

      2016/09/09

年明けから解散騒動が途絶えない国民的グループ、SMAP。

結局どうするのかハッキリしないまま時間だけが過ぎています。

しかし、騒動の終止符を付けるかもしれない出来事が。

今回はその出来事について書いてみました。

 

 

目次

 

 

解散阻止の購買運動

終わりが見えないSMAP解散騒動に困惑するファン達。

そんな中で解散を阻止するため沸き起こったのが、2003年3月5日に発売されたSMAPの大ヒットシングルCD「世界に一つだけの花」を購買し、累計「258万枚」だった売り上げを「300万枚」にまで到達させよう!という運動。

 

▼購買運動に否定的な意見も

この「世界で一つだけの花」は、作詞・作曲・編曲を全て人気歌手の槙原敬之さんが担当しています。

そのため、Twitterでは購買運動をしてもSMAPは意見も挙がっています。

 

▼当然のごとく売り切れ続出

このCDが各所の実店舗や大手ネットショップで全て売り切れてしまい、入荷待ち状態になっています。

 

▼レコチョクランキング1位

購買運動が影響し、株式会社レコチョクのシングルランキングデイリーで再び1位に返り咲きました!

 

また、ウィークリーでも同様に1位を獲得。

 

SMAPファンが団結して動くと、経済が動くんですね・・・。

本当にすごい影響力です。

 

 

SMAP×SMAPで冒頭に緊急生放送

2016年1月18日に放送されたフジテレビ「SMAP×SMAP」。

番組の冒頭、5人がスーツ姿で緊急生放送が行われました。

 

この生放送で、瞬間最高視聴率約40%、番組平均視聴率は約30%という異例の事態となりました。

しかし、5人が述べた言葉は確信的なものではなく、視聴者からは批判的な意見が相次いでます。

 

私もそれぞれが語る言葉に違和感を感じました。

事務所側が用意したセリフを言わされてるだけというか・・・。

 

 

結局SMAPが解散するのか存続するかという、一番重要な問題は解決せずに終わってしまいました。

今後、SMAP及び事務所側がどのような動きを見せるのでしょうか。

(アイキャッチ画像)出典:フジテレビ/SMAP×SMAP/2016年1月18日




スポンサードリンク

 - 男性アーティスト