【STU48】AKB48の新姉妹グループ始動でHKT48解散危機

      2017/07/13

全国に多数の拠点を持つ「AKB48」グループが、新しい姉妹グループを始動。

その裏で、既存グループ「HKT48」が陰りを見せているという。

一体何があったのか、リサーチしました。

スポンサードリンク

目次

STU48が11月1日発売シングルでメジャーデビュー

2017年より、AKB48の6つ目の姉妹グループとなる「STU48」が結成されました。

“STU”の名前の由来は、瀬戸内地方7県(広島県・山口県・岡山県・香川県・愛媛県・徳島県・兵庫県)を拠点とすることから命名されています。

活動場所となるのは「船上劇場」だそうで、船が瀬戸内の主要港を回り、そこで歌やダンスを披露するという。

また、2017年11月1日にはシングルでメジャーデビューすることが決まっており、AKB48グループでは最速となっている。

デビューシングルのセンターを務めるのは、AKB48が5月に発売したシングル「願いごとの持ち腐れ」の劇場盤でカップリングされた、STU48初の楽曲「瀬戸内の声」で、センターを務めた瀧野由美子さんが抜擢されています。

HKT48・指原莉乃が選抜メンバーとして起用

STU48は「第9回AKB48選抜総選挙」で3連覇を達成したHKT48・指原莉乃さんが、STU48劇場支配人およびメンバーとして兼任。

そのほか、AKB48・岡田奈々さんもSTU48キャプテンおよびメンバーとして兼任しています。

指原さんは今回のデビューシングル選抜メンバーについて、以下のような控えめツイートをしています。

指原さんはバラエティ番組などでも多く見かけられるため、スケジュール的にも負担が大きいのでしょう。

デビューシングル以降はメンバーから外れるという可能性が高そうですね。

スポンサードリンク

人気低迷で活動縮小されていくHKT48

HKT48は指原莉乃さんが劇場支配人を務め、兒玉遥さん、宮脇咲良さん、松岡菜摘さん、矢吹奈子さん、朝長美桜さんなど、AKB48を兼任している若手の人気メンバーが多く所属しています。

しかし、人気低迷傾向にあり、危機的状況にあるという裏事情が。

2016年3月31日、本拠地として使用されてきた福岡市中央区にある専用劇場「HKT48劇場」が閉鎖。

その後は福岡の中心街・天神の福岡商業施設ソラリアステージ6階にある、「西鉄ホール」に拠点を移して活動しています。

1年以上経った今でも新たな専用劇場については話が出ておらず、西鉄ホールを間借りして劇場公演を行っている状況という。

業界関係者は以下のように語っている。

西鉄ホールとしてみれば、HKT以外にもいろんな演劇やイベントを行っているわけで、HKTがすべてというわけではない。

もしもホール側に切られたら、HKTはおしまいですよ。

さらに、2013年1月からスタートした冠番組「HKT48のおでかけ!」(TBS系)が2017年6月末の放送をもって終了。

HKT48の冠番組は現在、福岡で月1回放送されているのローカル深夜番組「HKTバラエティー48」(九州朝日放送)のみで、メディアへの露出がさらに減少する傾向となっている。

九州朝日放送「HKTバラエティー48」のロゴ画像

出典:(C)CyberAgent, Inc/一色律蒿のHOBBY BOX

スポンサードリンク

ネット上では以下のような意見が挙がっています。

icon

確かに最近のCM出演も乃木坂ばっかり。

icon

去年辺りまで一番元気が良かったのに、どうしたHKT。

icon

HKTだけの話ではない。系列全てが完全に終わってる。

icon

どのグループもオワコンなんだから、博多と言わず姉妹と合わせて全グループ解散でどうぞ。

icon

全国ツアーまで演ってたのに、ここへ来ての急降下・・・。

危機的状況のHKT48、今後どのような挽回をするのでしょうか。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。



スポンサードリンク

 - 女性アーティスト