芸能&エンタメニュース | ゲタニュー!

芸能&エンタメニュース | ゲタニュー!

【アヴリル・ラヴィーン】ライム病で数ヵ月間の闘病生活を送っていた

      2017/03/23

カナダのロック歌手・アヴリル・ラヴィーンさん(30歳)。

出典:http://www.barks.jp

日本でも数々の楽曲で人気のアーティストですが、なんとこの数ヶ月の間、寝たきりで「ライム病」により闘病していたそうです。

スポンサードリンク

目次

闘病生活に至った経緯

事の発端は2014年の春ごろ、”何度かダニに刺された”ことから始まり、その後だるさや目まいを感じていたそうです。

自身のTwitterで“体調が良くない”とツイートし、ファンから心配されていました。

そして10月に誕生日旅行でラスベガスを訪れた後、「ライム病」との診断。

それから約5ヶ月もの間、寝たきり状態だったとの事で、米芸能誌「People」のインタビューでその辛さをコメント。

息ができない、話せない、動けないって感じで、死んじゃうんじゃないかと思った。

立つこともできず、一週間、シャワーを浴びられないときも何度かあった。

献身な看病により、現在は8割ぐらい回復しているそうです。

スポンサードリンク

ライム病とは何なのか

病原体を保有するノネズミ、鳥に吸血し、”ボレリア”という病原体を持ったマダニにより媒介する感染病。

北アメリカ・ヨーロッパ・日本などで、夏から秋にかけて樹木の多い地域に発生することが多いそうです。

アメリカ合衆国では発症例の5分の1がニューヨークとなっているため、ニューヨークの風土病と言わているようです。

日本では北海道や長野県、また標高800m以上の山岳地域などで発生がみられているそうです。

森林や山岳地帯へ行くことがある方は注意が必要ですね・・・。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

 - 女性アーティスト