中国の鉄鋼過剰生産問題でアメリカの商務省が具体的な内容を提言

おはようございます。

先日、アメリカ・トランプ大統領が中国による鉄鋼の過剰生産の問題を取り上げ、関税を引き上げる発表をしていましたが、提案元となっていた商務省が具体的な内容を提言しました。

ウィルバー・ロス商務長官は通商拡大法232条に基づき安全保障上の見直しを実施し、以下の選択肢を提示しています。

【鉄鋼について】

  1. すべての国からの輸入に対し少なくとも24%の関税をかける。
  2. ブラジル、中国、インド、ロシア、韓国など12カ国からの輸入に少なくとも53%の関税をかける。
  3. その他の国からの輸入には2017年の米国への輸出水準を上限とする割当制を導入する。

【アルミニウムについて】

  1. すべての輸入に対し少なくとも7.7%の関税をかける。
  2. 中国、香港、ロシア、ベネズエラ、ベトナムからの輸入に23.6%の関税をかける。
  3. その他の国からの輸入には2017年の米国への輸出水準を上限とする割当制を導入する。

トランプ大統領は上記の内容を受け、鉄鋼に関して4月11日まで、アルミニウムに関しては4月20日までに輸入制限を実施するか検討し、決定するとのこと。

アメリカの税制改革にまた一石が投じられることとなりそうですね。

目次

現在のポジション

通貨注文種別注文日注文価格現在差額
EUR/GBP買い2017/11/090.887250.88490-0.00235
EUR/USD買い2017/11/151.184171.240430.05626
USD/CHF売り2017/11/150.985450.931150.0543
USD/JPY売り2017/11/16112.872106.6396.233
USD/CNH売り2017/12/266.54026.30800.2322
AUD/JPY売り2018/02/0187.65184.4313.22
AUD/USD売り2018/02/050.794230.791900.00233
USD/CAD買い2018/02/061.253531.255400.00187
EUR/JPY売り2018/02/08133.213132.2990.914
GBP/USD売り2018/02/131.383491.40044-0.01695

各通貨の見解

  • 赤線・・・移動平均25日
  • 青線・・・移動平均75日
  • 橙線・・・ボリンジャーバンド3σ
  • 黄線・・・サポートライン(下値支持線)、レジスタンスライン(上値抵抗線)

【EUR/GBP】買い

レンジ相場のためサポートラインを抜けきった段階でポジションを切り替えます。

EURGBP日足チャート(移動平均線25日・75日、ボリンジャーバンド3σ)

EURGBP日足チャート

【EUR/USD】買い

夜中の時点でローソク足が25日線を下回っていたら反転します。

EURUSD日足チャート(移動平均線25日・75日、ボリンジャーバンド3σ)

EURUSD日足チャート

【USD/CHF】売り

このまま利益が伸びるのを見守ります。

USDCHF日足チャート(移動平均線25日・75日、ボリンジャーバンド3σ)

USDCHF日足チャート

【USD/JPY】売り

このまま利益が伸びるのを見守ります。

USDJPY日足チャート(移動平均線25日・75日、ボリンジャーバンド3σ)

USDJPY日足チャート

【USD/CNH】売り

このまま利益が伸びるのを見守ります。

USDCNH日足チャート(移動平均線25日・75日、ボリンジャーバンド3σ)

USDCNH日足チャート

【AUD/JPY】売り

このまま利益が伸びるのを見守ります。

AUDJPY日足チャート(移動平均線25日・75日、ボリンジャーバンド3σ)

AUDJPY日足チャート

【AUD/USD】売り

このまま利益が伸びるのを見守ります。

AUDUSD日足チャート(移動平均線25日・75日、ボリンジャーバンド3σ)

AUDUSD日足チャート

【USD/CAD】買い

このまま利益が伸びるのを見守ります。

USDCAD日足チャート(移動平均線25日・75日、ボリンジャーバンド3σ)

USDCAD日足チャート

【EUR/JPY】売り

このまま利益が伸びるのを見守ります。

EURJPY日足チャート(移動平均線25日・75日、ボリンジャーバンド3σ)

EURJPY日足チャート

【GBP/USD】買い

レンジ相場のためレジスタンスラインを抜けきった段階でポジションを切り替えます。

GBPUSD日足チャート(移動平均線25日・75日、ボリンジャーバンド3σ)

GBPUSD日足チャート

重要経済指標

日付時刻通貨経済指標
2018/2/2003:45GBPBoEカーニー総裁講演
2018/2/20EUR経済財務閣僚会議
2018/2/2009:30AUDRBA議事録
2018/2/2016:00EUR生産者物価指数 (前月比) (1)
2018/2/2016:00EUR生産者物価指数 (前年比) (1)
2018/2/2017:15CHF鉱工業生産 (前年比) (Q4)
2018/2/2017:15CHF鉱工業生産 (前四半期比) (Q4)
2018/2/2019:00EURZEW景況感調査 (2)
2018/2/2019:00EURZEW景況感調査 – 現状評価 (2)
2018/2/2019:00EURZEW 景況感調査 (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です