【Daigo】企業やタレントのダイゴ離れ加速、ロンブー淳が裏暴露

   

路上生活者(ホームレス)や生活保護受給者に対して差別的な発言を行い、企業や団体が動くほどの問題となっているメンタリスト・DaiGo。

炎上はまだまだ冷める様子もなく、企業やタレントをはじめさらなるDaigo離れが加速しているという。

一体何があったのか、リサーチしました。

プロフィール

  • 名前:DaiGo(ダイゴ)
  • 生年月日:1986年11月22日
  • 出身地:静岡県静岡市清水区生まれ/千葉県市川市育ち
  • 血液型:B型
  • 身長:174cm
  • 職業:メンタリスト、作家、ニコ生主、YouTuber、ブロガー
  • 最終学歴:慶應義塾大学理工学部
  • 備考:2019年9月時点、ニコニコチャンネルの有料会員数が最多であった

ロンブー・田村淳がDaiGoについての疑惑を暴露

2021年8月19日、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が自身のYoutubeチャンネル「ロンブーチャンネル」で生配信を行う中で、メンタリスト・Daigoの炎上問題に触れた。

問題の差別発言についてバッサリ

Daigoの生活保護受給者やホームレスへの差別で炎上した問題発言について、以下のようにバッサリ斬った。

擁護というか、守ってあげたいと思う部分が一つもない。

生活保護は日本国民に与えられてる権利なので、生活保護を受けなきゃ生きていけない人が、堂々と、なんにも後ろめたい気持ちもなく、その制度は利用すべきだと思う。

僕は、命は全てにおいて、メンタリストDaigoさんの命も含めて、同じように尊いと思ってるので。

ホームレスの友達が何人かいるので、すごく悔しかったですね。

2021年8月19日/ロンブーチャンネル/田村淳

カラーボール心理戦の裏事情を暴露

さらには、生配信の中で衝撃的な疑惑を暴露している。

手品っぽい感じで、今何色を考えてるかみたいなのとか、何色を選ぶかとかっていうのを、メンタリストとしてなんか選んでるふうだけど、僕は、遠くにマネージャーがいて、その遠くのマネージャーが何かこう信号を送ってるっていう、その仕草を僕は見たことがあるんで“なんだ、そういうことなのか”とは思ってたんですけどね。

2021年8月19日/ロンブーチャンネル/田村淳

これはおそらく、Daigoが3色のカラーボールを使い、相手が何色のボールを選んだか心理戦で当てていくという内容のことだろう。

心理戦ではDaiGoの巧みな話術で挑戦者が打ち負かされる姿がおなじみである。

バラエティ番組などで見たことがある人も多いはずだ。

メンタリスト・DaiGoが三色のカラーボールから何を選んだか当てるシーンの画像

出典:フジテレビ/SMAPxSMAP/2012年7月

放送では気付かないが、現場にいる出演者は注視すれば気付くのであろう。

この暴露が本当であれば、「メンタリズム」などではなく、ただのイカサマであるということになる。

裏事情を目撃したロンブー敦はこういった事情も知っているのか、“あんまり関わりたくない人ではありますね”と配信の中で語った。

8月21日、自身のチャンネルで“確証がないのに触れたのは良くない。謝罪したいと思います。申し訳ありませんでした。”と謝罪している。

スポンサーリンク

Daigo愛用本棚「margherita」の製造会社が紹介ページ削除

メンタリスト・Daigoの配信で必ず目に入る、壁一面の本棚。

2021年8月18日、その本棚の製造を出掛ける株式会社倉田裕之/建築・計画事務所が公式ホームページで紹介ページを削除したことを公表した。

公式ホームページでは「詫びとお知らせ」というタイトルで、Daigoの問題発言について遺憾を示している。

この度、弊社製品「壁一面の本棚」の事例で紹介しておりましたメンタリストDaiGo氏の不適切発言により、皆様に不愉快な思いやご心配をおかけしてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。

今回の差別的発言はどのような環境下でも決して許されるものではなく、弊社としても大変残念に思っております。

margherita(マルゲリータ)/メンタリストDaiGoさんの本棚部屋

続けて、Daigoに向けて手がけた本棚についての紹介ページを削除した経緯が記載されています。

メンタリストDaiGo氏とはご購入いただいた当時から打合せを重ね、その使い勝手、効率を含め最適解を打ち出してまいりました。

その内容を事例として紹介することにも快く応じていただいていたという経緯がございます。

一方的な広告宣伝としてではなくその使い方や工法などお客様の参考になればと事例掲載の継続も考えましたが、掲載し続けることを不快に感じるという弊社製品ユーザ様のご意見なども頂戴しています。

検討の結果、当サイトにおけるメンタリストDaiGo氏の記述及びそのページを当面の間削除することといたしました。

margherita(マルゲリータ)/メンタリストDaiGoさんの本棚部屋

先日の「霧島天然水 のむシリカ」のCMイメージキャラクター降板に続き、これまでDaigoを起用した企業は次々と切り離すことが予想される。

スポンサーリンク

ネット上では以下のような意見が挙がっています。

icon

損切りは早ければ早いほどいい。傷口が大きくなる前に手当てするのは、経営者として当然の判断。舌禍には本当に気をつけないといけない。今までの信用が一気に瓦解する。他人事じゃないな。

icon

margheritaの本棚使っています。商品の良さはもちろん、オーダーにも丁寧に対応頂いてとても良い会社さんです。今回の件で変な事になりませんように。

icon

悪い発言をした動画がさらに彼を富ませるという構造。みんなの主な怒りのポイントにもなっている。YouTubeは表面上は差別や攻撃的な発言を厳しく取り締まると表明しているが、現時点でダイゴのアカウントを凍結する様子はない。

icon

DaiGo氏は本をたくさん読んでいるとアピールしていましたが、知識以前に言っていいこと悪いことの区別もつかない常識も無いようでは、壁一面に並んだあれら本はただの飾りでしかなかったということでしょうね。

icon

支援団体にわざわざ行って学ばなくても、自らがスポンサーに見放されてどんどん弱者になっていくという経験を身をもって体験できるじゃん。スポンサーがダイゴのためにお金払いたくないそうだよ。

動画内での発言がこれまで影響を及ぼす例はなかなかないだろう。

今後Daigoがどのような対応を取るのか気になるところだ。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

 - 芸能 , ,